名古屋での生活をのんびりとレポート。転勤族は結構楽しい。


by tagomaru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:湘南生活( 27 )

イルカに初★タッチ

おととい、水族館にて、イルカと触れ合ってまいりました!
働いていたときからやってみたかったのが、やっと叶いましたよ~。
今回、実はお客として入館するのは初めてでして、チケットの買い方とかまごまごしてしまいました。

イルカと触れ合うのは、ハッピードルフィンというプログラム。
平日なので、チケットを買うことができました。

このたびお目にかかったのは、ベテランのバンドウイルカのスーちゃん。
説明を聞いて、彼女が27歳以上だというのがわかり、自分よりお姉さんなんだーと感激。
芸暦もだいぶ長くなってるのだろうな。
イルカって、長生きなのね。

さてさて、ふれあいタイムはこんな感じでしたー。

人×イルカ 友好条約成立
e0079751_1151389.jpg


ディープキス(!?)
e0079751_1155016.jpg


トレーナーのおねえさんが合図を教えてくれて、その合図をするとちゃんとやってくれるの!
すごい!私がしたら、もしかしてやってくれないんじゃないかとハラハラしてたので、嬉しかったです。
スーちゃんは、40種類以上の合図を覚えてるそうです。
は~、すごいですね~。イルカって、本当に頭がいいのですね。

何度も背中を触ったりして、その肌のツルツル加減にびっくりしました。
ヌルヌルかザラザラかと思っていたので感動しました。臭くないし!
途中、背中の穴から潮をブッハーと吹かれて、顔に直撃しましたよー。
トレーナーのおねえさんが、笑いながら

「イルカの吐息は納豆臭なので気をつけてくださいねっ」

とおっしゃってましたが、幸い、私は鼻が詰まっていたので被害を免れました。

引越し準備で気持ちがギスギスしていたので、かなり癒されました。
おすすめです。
もう、イルカにぞっこんLOVE!(死語)
[PR]
by tagomaru | 2005-11-26 01:26 | 湘南生活

新宿同窓会

19日の土曜日、新宿にて、高校時代の友人たちと酒盛りをいたしてまいりました。

私が名古屋に引っ越すということで、山形に帰省したときくらいしか会えなくなっちゃうね!ってことで、最後に関東で集まる機会をいただいたのです。

わざわざ山形から新幹線で来た友達もいて、なんだかほんと、うれし、たのし、でした。
卒業してから、みんなそれぞれの人生を歩んでるけど、集まると昔みたいなノリに戻れるのって、毎回不思議に思います。

それにしても、新宿って、人が多いですねえ・・・。
祭りみたいです。
私は、電車を降りて、目的の出口までさえ出られず、待ち合わせの場所に一人でたどりつけやしませんでした。結局迎えにきてもらったし。
東京で暮らし、電車とか軽々と乗りこなすみなさんを、心から尊敬した一日でもありました。

今回引っ越すにあたり、周りのみなさんから色々いただいたり、こういう宴を企画してもらったりして、本当に感謝しつくせません。
恩返し、したいです。できるといいなあ。
========
ここのところ、カメラのレンズがいよいよ汚れてきてしまい、
どうにもこうにもという状況なので、文章だけになってしまってます。
なんだか、写真とかないと、自分としてはやる気が出ないのねってことが最近わかってきた。
記事アップするにしても、土曜日のできごとを水曜日に書くって、時差ありすぎ。
[PR]
by tagomaru | 2005-11-23 00:24 | 湘南生活
引越しの見積もりが、4社から出ました。
いやー、結構、違うものですね。

A社:17万円(ネット割引済)
B社:19万円
C社:27万円(ネット割引済)
D社:12万円(支社が遠いので電話での見積、ネット割引済、月初割引済)

全社に、
「エアコンの脱着」
「安さよりはサービス重視」
「他社にも見積もりを依頼してることははっきり言わないがそれとなくにおわせる」
っていう、ほぼ同じ条件で見積もってもらったんです。

最高値と最安値では15万円の開きがあるっていうのも興味深い。
どこでここまで差が出るのか・・・?

値切ってないので、頑張ればもっと安くできる会社もあるのだろうと推測。
でも、値切ったことでやる気をなくさせてサービスの質が落ちるのは、長距離移動だけにちょっと心配だからやめておこう。

うーむ、どこにしようかな。
[PR]
by tagomaru | 2005-11-18 10:41 | 湘南生活

引越屋さんの見積もり

今回の引越しで業者を決めるに当たって、5社にネットで見積もり依頼をしてみた。
そのうち、電話で連絡がきたのが3社で、1社からメールで「連絡しますので数日待ってください」というメールがきた。1社からは音沙汰なし。
会社によって、対応の仕方というのはスタート時点から結構違いが出るものなんだなあ。

で、今日はA社とB社の見積もりの日。
A社の担当者も、B社の担当者も、「二人暮らしなのに荷物少ないですね」という感想を述べていった。
確かに、少ないんだけどね~。
必要と思われるものまで不足してたりする我が家ですし、
私が山形から単身パックで引っ越してきて以来、物はほとんど増えてないから。
帰る間際まで、「お荷物はここにあるだけで全部ですか?」と何度も不安げな顔で確認された。
そのたび、「これで全部です。捨てていくものもあるので、減ることはあっても増えません」と目を泳がせながら答えておいた。
2トントラックに載るらしいが、長距離移動のため、大きいトラックを使うそうだ。

それにしても、引越の見積もりって、ちょっと緊張するものなんだな。
今まで、私の引越しでは単身用のしか利用してこなかったので今回のケースは初めてなのだ。
見知らぬ男性が家に来て、家の中をチェックしながら見て回るって、レアな体験ですわー。

ちょっと気を使ったほうがいいのかしらと、珈琲を出したんだけど、
異常に濃かったらしく「濃いですね」といわれた。
口に出すってことは、そうとう濃かったんだろうな、ごめんなさい。
来客に慣れてないもんで、少々パニックになったようだよ。

明日はC社の見積もりがあるので、明日珈琲を出すときは、もう少し落ち着いてやろうと思う。
[PR]
by tagomaru | 2005-11-16 17:45 | 湘南生活

観光案内最後のチャンス

金曜日・土曜日と、夫母&夫叔母が2人で遊びにきた。

前から、「2人がどんなところに住んでいるか行ってみたいなあ。観光地だし、観光もしてみたいなあ」と言ってたのだが、ようやく実現されたわけだ。
ほんと、引越し間際のラストチャンスだ。

横浜でショッピング&中華街での食事、鎌倉では寺めぐりと江ノ電などを楽しんでから、私たちの家にも案内した。
母のお気に入りは、江ノ電と横浜らしい。
「あんたたち、思ったよりも随分いいところに住んでたのねー。ここに私が住んでもいいくらいだわ」
なんてことを言われて、確かにいいところに住めたよな~なんて思ったり。
人生を楽しんでるような人をたくさん見かけるので、住む側としてもなんとなく居心地がいいのだ。

今回の旅行は、予定ではもっと早く来るはずだったのだが、夫側の祖父母がそれぞれ手術したり、怪我をして入院したりして、なかなか思うようにならなかったらしい。それで、来る日程がだんだん後ろにずれていってしまって、ようやくこの週末になった。
母も叔母も、日中フルタイムで働きながら夜は病院に通ったり泊まったりして看病してたので、精神的にも肉体的にも疲労はピーク。
この旅行で、いくらかでもリフレッシュされたのならいいが。

2人の仙台での話を聞くに付け、将来「親の看病・介護」っていうことも出てくるのだろうなと考えさせられた。
親たちは今50代だけど、これからどんどん老いてゆくわけで。
病気もするかもしれない。
今、地元を離れて全国点々とする身なので、多少は気がかりな事項だ。
そして、親が元気でこうやって仕事をしつつ旅行も楽しめるということは、いいことなんだなあと思う。
[PR]
by tagomaru | 2005-11-14 13:45 | 湘南生活

見納めです。

江ノ電の江ノ島駅には、かわいらしい小鳥さんがいます。
これは、前のブログHealth Killerの記事でも紹介済みでして、本当にかわいらしい小鳥さんたちです。
今は、こんな格好をしてますよ。
e0079751_20545465.jpg

e0079751_20561412.jpg

秋冬仕様で、すっごくあったかそうですね~。

この小鳥さんの服は、江ノ島駅売店のおばちゃんが作って着せているのですが、
おばちゃんと先日話をしたところ、
「今年一杯で私も定年でやめちゃうから、12月のクリスマスバージョンで終わりよー」
とのこと。
ええ!終わっちゃうの!?着せ替え、あと1回だけ!?

通勤時、いっつも見てきたこのかわいらしい小鳥さん、来年からは裸になっちゃうみたいなんです。
ああああっ、着せ替えのたびに楽しみにしてたのに寂しいっ。

この小鳥さんに癒されてきた人は、実は結構多いはず。
今年一杯なので、見たい人は早めに江ノ島駅にどうぞ~!

私は、クリスマスバージョン見れないので、どなたか教えてね。
さぞやかわいいのだろうなー。
[PR]
by tagomaru | 2005-11-06 21:04 | 湘南生活

お仕事おわり~

11月4日で、今のお仕事が終わりました。
この数ヶ月、本当に楽しくお仕事できてよかったー!
気持ちよくサラバ!です。

お客さんの写真を撮って、売る、という仕事でした。
単調な仕事に見える仕事でしたが、やってみると全く違いました。
毎日面白い発見があって、反省もあり、勉強もあり、試行錯誤もあり・・・。
天気によって、曜日によって、時間帯によって、混み具合とか客層とか偏りがあったりして、
すごく興味深かったです。

また、自分の撮った写真がいっぱい売れるのは本当にすごくうれしくて、
疲れても接客で嫌なことがあっても、全部リセットされるくらい。
出来栄えが購買に直結するっていう仕事は、向上心があおられて楽しいものですね。
逆に凹むこともありますが。

それにしても、人の写真を撮るのは難しい。
その人の一番素敵に見える表情を捉えることができたらって、毎回思うのですが、
カメラ向けられると緊張してしまう人も多いですし。
それを瞬時にほぐすのって、なかなかうまくいかない。
方法は色々考えたけど、確実にうまくいくっていうのは残念ながらわからずじまい。
撮影の技術だけがあっても良い写真って撮れないし、奥が深い仕事だなあ。なんちゃって~。

割と短い間でしたが、水族館という施設で働けたこと、やっぱりとってもラッキーだったって思います。
癒されつつ働くなんて、めったにできないって思ってるから。

それと、ここで働かなければ出会えなかったであろうたくさんの方々、本当にお世話になりました。
一緒に働いてくれた同僚のみなさん、どうもありがとうございました。
おかげさまで生き方はひとつじゃないって、なんだかすごく実感できました。
自分の中にあった「こうあるべき」みたいなものが崩れた気がする。

「お疲れ様」ってことで、昨日は晩酌いたしました~♪
[PR]
by tagomaru | 2005-11-05 23:54 | 湘南生活

富士山に冬が来た

e0079751_17164239.jpg

富士山に、雪が積もりました。
もう、冬がそこまできてるんですね。

これは、火曜日の富士山です。
晴れてても、もやがかかっていて見えることがほとんどないので、
朝からこんな綺麗な姿を見ることができてうれしくて撮りました。
遅刻寸前で急いでいたので、写真がちょっと斜めだw

冬になると、毎日のように見えると聞いたのですが、
今はまだその時期ではないのだろうな。

今日は、文化の日で休日でしたが、すごく混んでいて疲れました。
平日のお客様よりも、お休みのときのお客様の方が、
余裕が無いというか、急いでるというか、そんな感じです。
楽しそうな表情の人よりも険しい顔の人の方が多いのは少し不思議です。
混んでると、やっぱり人間ってのはストレスかかっちゃうのかな。
[PR]
by tagomaru | 2005-11-03 17:28 | 湘南生活

富士急ハイランド

日曜日、富士急ハイランドに遊びに行ってきました。
鎌倉の自宅からだと、朝の5時台に起きないといけないので、
これまで行こう行こうと思っても寝坊を繰りかえし、やっと!行くことができました。
ほんと、3度目の正直なのです。

バスを予約するとき、「日曜日はとても混んでいます」という情報を仕入れたので、乗りたいアトラクションを前日のうちに絞り込んでおきました。

私たちの目的は。
●FUJIYAMA
●ドドンパ
●トンデミーナ

この三つです。これさえ乗れたら私は満足!

しょっぱなはFUJIYAMAに並びましたが、10時半時点ですでに120分待ち!!しかし、乗りたい!だから我慢しました。
並んでる間中、カタカタカタ・・・と登ってはゴオオオッ!「ギャーーーー!」という悲鳴を延々見聞きし、だんだんビビッてきた私。
手の平がだんだん汗ばんでしっとりしてしまいました。
最大傾斜65度、最高時速130km、ギネスブックに載ってる79mという高さ・・・!
ヤバイよヤバイよ~。
生きた心地がだんだんしなくなってきたところで、順番が!
もう、心臓バクバクです。スタッフが拍手とハイタッチで見送ってくれて、もう逃げられないと観念しました。

頂上に向かうとき、右手に「50m・・60m・・70m・・」と高さが表示されてまして、ドキドキ感をあおります。
でも、ここは富士山の近く。高くなるにつれ、雲に覆われつつも左手に雄大な富士山を拝むことができました。
「綺麗~・・」と思った瞬間、すごい勢いで急降下!!!

「・・・・・!!!!!!!」

怖すぎて声さえ出ませんでした。
TDLのスプラッシュマウンテンでびびってる私なので、もう耐えられるはずがなく。多分、白目になってたと思います。死ぬかと思った。
そのあと、結構長い時間アップダウンを繰り返してるうちに慣れてきて、
笑顔でしゃべる気力も生まれてきました。
e0079751_17525353.jpg

乗ってるときの写真(右が私、左が夫、前は知らん人)。超笑顔で写ってます。あの恐怖はなんだったのだろう。
終わった後は、すばらしくさっぱりしましたが、再チャレンジはしたくないかもっていう気分でした。

お次はトンデミーナ。こちらは30分待ち。ささっと乗れました。
並んでるときは、もしかしたらものすごく怖いのではないだろうかとドキドキしたけど、
乗ってみるとすっごく気持ちいい!
本当に空を飛んでるみたいです。きっと、アルプスの少女ハイジも、こんなふうにブランコで遊んでたのだなと勝手に想像してみました。
これは、2回乗っちゃいましたよ~。

そして・・まってましたのドドンパ。これもまた120分待ち。本当に混んでいます。
できた当初から気になってしょうがなかったアトラクションなので、
もうワクワクして小走りで並びに行きましたよ。
並んでるときに聞こえてくる「ド・ドン・パッ」っていう、ささやくような低音のリズムについ乗ってしまいます。
並んでるときにあった「ドドンパイ」のポスターです。
e0079751_1813296.jpg

突っ込むべき部分がたくさんありますが、以前からここの広告類はぶっとんでると聞いていたので、すごく楽しませていただきました。

このドドンパ、発車してすぐに最高時速の172km/hに達するということですが、この感覚、想像できないのでさっぱりわからなかったけど、想像をはるかに越えておりました。
ビデオの再生10倍速くらい、なおかつものすごいG!
UFOがやってきて、強制連行されるような気持ちになりましたです。
もう無理。抵抗できませ~ん。
しかし、不思議と爽快なもので、垂直上昇、垂直落下も思いのほか楽しく、バンザイしながら落下することに成功しました。
ちなみに、こちらはドドンパ解説の動画。速いです・・・
クリックすると動画見れます

どれもこれも、混んでるせいで長時間並びましたが、並んだことがチャラどころかお釣りが来るくらい楽しかったです!

ところどころにある、富士Q迷言集。
e0079751_188826.jpg

「舞浜にないものがここにはある」。
すっごくうなずいてしまった。私個人的には、富士急の方が好きかも。
アクセスがちょっとなーってところが残念だけど、それをも忘れさせるアトラクションの満足度の高さ。そして、面白さ。

e0079751_1810986.jpg

夕方、ライトアップされたツリー(あくまで飾りは富士急のマーク)を見つつ、家路に着きました。

よーし、絶対また遊びに来る!
まだ行ったことのない方、是非是非いってらして~。
[PR]
by tagomaru | 2005-11-01 17:31 | 湘南生活

最近のお気に入り

e0079751_2571463.jpgこの蜂蜜は、友達からいただいたものです。
パッケージもかわいいけど、味もすばらしくおいし~い。

ここのところ、砂糖の代わりにこの蜂蜜を使うことが多くなりました。
それですごい勢いで減ってるんですけど。








最近はまってるのは、蜂蜜ホットミルク。
e0079751_2574231.jpg

牛乳をあっためて、そこに蜂蜜を入れると体がすごくポカポカします。
蜂蜜の香りと甘みが心地よくて、寝る前に飲んだり、疲れて帰宅したときに飲んでいます。
ほっとするんですよねー。
カフェオレとかミルクティーにも入れるけど、それもまたおいしい~♪
甘いのは得意じゃない私でも、この甘さはやめられません。

ただ、私は牛乳を飲むとおなかが痛くなってしまうことが多いので、
幸せの後に苦しみがやってくるのが悲しいです。
牛乳大好きっ子なのに、辛いわー。
[PR]
by tagomaru | 2005-10-28 00:19 | 湘南生活