名古屋での生活をのんびりとレポート。転勤族は結構楽しい。


by tagomaru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

熊を飼っています

今日は、目の下に熊が5頭ずつ出没しました。
寝不足なのです。
もう、ふらふらです。

昨日、馬鹿なことに、帰宅してちょっと仮眠でもと思ったらしっかり4時間以上寝てしまったんですよね。
目覚めたのは22時すぎだったのですが、
そこでやめておけばいいのに、珈琲など飲んでしまったから、馬鹿の上塗りです。
案の定さっぱり寝付けなくて、布団の中でぐずぐずしてるうちに朝になりました。
そのまま出勤したというわけです・・・。

立ったまま寝る、ひざかっくんがナチュラルにできてしまう、という状態で仕事をしてたのですが、途中からリポビタンDが効いてきて、しっかり立てるようになりました。
家に帰ってきてからも、今度はちょっと目が冴えてきたのか、料理を頑張ったりしちゃいました。
夫は出張先で食べるからいらないと言ってるのに、大量にこさえました。
寝不足のときは、ちょっとおかしいね。

ああ、でも、もう今日は限界です。
お風呂に入ってもう寝よう~。

大学生の頃にときどきやってた「オール」などということは、
もう無理なのだなとわかった、26歳の秋。。
おやすみなさい。
[PR]
by tagomaru | 2005-10-29 00:33 | つぶやき

最近のお気に入り

e0079751_2571463.jpgこの蜂蜜は、友達からいただいたものです。
パッケージもかわいいけど、味もすばらしくおいし~い。

ここのところ、砂糖の代わりにこの蜂蜜を使うことが多くなりました。
それですごい勢いで減ってるんですけど。








最近はまってるのは、蜂蜜ホットミルク。
e0079751_2574231.jpg

牛乳をあっためて、そこに蜂蜜を入れると体がすごくポカポカします。
蜂蜜の香りと甘みが心地よくて、寝る前に飲んだり、疲れて帰宅したときに飲んでいます。
ほっとするんですよねー。
カフェオレとかミルクティーにも入れるけど、それもまたおいしい~♪
甘いのは得意じゃない私でも、この甘さはやめられません。

ただ、私は牛乳を飲むとおなかが痛くなってしまうことが多いので、
幸せの後に苦しみがやってくるのが悲しいです。
牛乳大好きっ子なのに、辛いわー。
[PR]
by tagomaru | 2005-10-28 00:19 | 湘南生活

目に焼き付ける風景

e0079751_19161782.jpg

今日の夕暮れ。17時少し前。
今日は晴れてとても気持ちのいい一日だった。
仕事の方は小学校の団体のおかげで、いつもよりも疲れたけれど。

夫の転勤が決まった。
12月1日から名古屋勤務。
転勤族になるのは知っていたし、鎌倉に住むのも、多分長くはないだろうと覚悟はしていたけれど、思いのほか早くてびっくりしている。

ここには1年も住んでいないけれど、とっても気に入っている町だし、
仕事も楽しいし、仲良くしてくれる人もできた。
この町を離れるのはなんだか名残惜しい気持ちでいっぱいである。

転勤の話を聞かされてから、鎌倉や藤沢の風景を覚えておきたいなと強く思い始めた。
仕事が終わっても、なんだかもったいなくてすぐには帰りたくない。
水族館の中をぶらぶらしたり、海に出て夕日を眺めたり、帰り道のお店を注意深く観察してみたり。
仕事をしながら旅をしている、そんな気分になっているかも。
毎日が大事だなあ、って、こういうことがないと気がつかなくて、
今までの何気ない生活がとってももったいないことしたような気持ちになるのは
少し残念だ。

次の街は名古屋。
私にとっては本当に未知の世界。
噂に聞く名古屋は強烈で、果たしてなじめるのかしらとちょっと不安でもある。
でも、行ったことのないところに住めるなんて、楽しいことでもあるから、
ワクワクする気持ちももちろんある。
どんなところに住もうか、どんな仕事しようか、色々考えただけで楽しい。

まあ、今は引越しとその準備が死ぬほど面倒くさそうだと思ってげんなりしてるわけですが。
引っ越してから、開かずの段ボール箱ができるのは阻止したいところである。

名古屋出身の方や、お住まいの方、行った事がある方から、あれこれ情報お待ちしております。
[PR]
by tagomaru | 2005-10-20 19:32 | 湘南生活
e0079751_18174180.jpg

16日~18日、山形の実家に帰っていました。
関東は毎日のように天気が悪くて寒かったのですが、
山形は晴れて暖かかったです。
紅葉が進んでいて、街中からも蔵王連邦の紅葉がはっきりと見て取れました。

夕暮れ時、電柱がピンクになってるのを家の中から見て、
なんだろうと思ったら夕日でした。
ものすごい色。
絵のような空で、びっくりしました。

こんな夕暮れの次の日は、経験上あまり天気がよろしくないのですが、
やっぱり翌日は曇りでした。

天気を見て、自分なりに天気予報をするのがちょっと好きで、
一時期は気象予報士になりたいなーと思っていたのですが、
今はちょっと情熱がなぜか失せてる状態です。
以前、気象予報士の方にお会いしてお仕事されてるところを見たのですが、
なかなか楽しそうでした。なおかつ、結構大変そうでした。
今、情熱が失せてるのは、その方を思い出して、
私にはあの人ほど天気に傾ける情熱とかがないのかもしれないと感じてるのかも。
あの大変さを楽しめるほどに、私は天気を仕事にするほど好きじゃないって感じてるのかも。

何事もチャレンジしなければわからないんですがね。
資格を取ろうと思っても何から始めたらいいかわからないってのが正直なところでしょうか。

これから人生においてしていく仕事に関して、ちょっと悩み始めている私なのです。
上記の話はいまのとこ現実的じゃないですが、自分の好きなことが適職かどうかってのは、
結構難しい問題だなあと考えています。
好きだけじゃやっていけないこともあるだろうし、
かといって好きじゃない仕事は給料が良くても嫌だろうな、とか。
ん~、仕事って。。仕事って。。。
[PR]
by tagomaru | 2005-10-20 18:30 | 山形生活

アベシ!

今日、またしても海が綺麗でした。
仕事が終わった後、仕事仲間と
「海でキャッキャしたいね♪」ということで、海へ。

綺麗な海を見ながら肉まんをほおばっていたら、
左の頬を殴られたような衝撃が!

鳶でした!!

前も、昼食時に襲われたので警戒してたんだけど、
下を向いて食べた瞬間、やられました。
ったく、油断も隙もあったもんじゃない。
飛んでなかったから、今日は大丈夫と思ったんだけどなあ。

不幸中の幸いというか、顔がえぐれたとかいうこともなく
ミミズ腫れに血がにじむ程度の傷だったので、水族館で消毒をして、
最寄の医者に念のため行ってまいりました。

内科だったのに、丁寧に消毒してくれて、
破傷風の予防注射を打ってもらい、念のため抗生物質と塗り薬をもらいました。
親切なお医者さんでよかった~。

最近流行ってるエアガンで、鳶を打ち落としたい衝動に駆られますが、
たいしたことが無かったので許してやろう。

いやあ、でも、みなさんも本当に気をつけてくださいね。
見たところ飛んでなくても、どこかから虎視眈々と見てて急に襲ってきますので。
[PR]
by tagomaru | 2005-10-19 18:48 | 湘南生活

富士山の見える海

e0079751_1918521.jpg

こっちに引っ越してから、初めて富士山を見て、その姿に感動した。
そして、今でも見るたびに感動してしまう。
「見る」というよりは「拝む」に近いかもしれない。
不思議な山だなあ。

この写真は昨日のものだが、冬になるともっと綺麗に見えるようになると聞いて、
今からワクワクしている。
今年の夏はチャンスを逃したが、来年こそは、富士山に登りたい。

綺麗な景色をいつでも見られることに、幸せを感じる今日この頃。
こういう中に身をおくと、自分の中の欲望がすーっと消えていって、
「また、元気でこの景色を見れますように」
っていう感情だけが残る気がする。
なんだか年寄りくさい?
[PR]
by tagomaru | 2005-10-14 19:26 | 湘南生活

ぼくのバラ色の人生

ぼくのバラ色の人生という映画を見ました。

性同一性障害の男の子を主人公としたストーリーです。
「女の子になって好きな男の子と結婚したい」って、
本気で思ってる。けなげな演技にやられました。

本当に切なくて、泣いてしまいました。
男の子の苦しみや、家族の葛藤に思いをはせて、
感情移入しまくってしまった。

性同一性障害というのが、最近はよく知られるようになってきたけれど、
でも、他の人にはわかりようのない苦しみなのだろうと思います。

10月14日正午まで放映しているそうです。
興味のある方はご覧くださいませ・・・。
主人公の男の子がとっても愛らしいです。

この、パソコンテレビGyaOを知ってから、本当に、映画を見るようになってしまったよ。
秋の夜長、テレビもなんだかつまらない日は、もうここに入り浸りなわけです。
近所にレンタル屋がないので、大変助かっております。
[PR]
by tagomaru | 2005-10-12 22:23 | 湘南生活

携帯水没の果てに

月曜日、鎌倉を案内しているとき、携帯電話、水没しました。
鎌倉駅のトイレでボッチャンです・・・。悲!
記憶喪失およびこん睡状態。
auショップにて、データを移せるかどうか、必死の救命活動も空しく、
メーカーに修理に出すことになりました。
まだ使い始めてから1年なので、保障期間だったようです。

で、現在は代用機を使っています。
これです。
e0079751_20261130.jpg

多分、自分では買わないであろう機種で、でもちょっと使ってみたいなっていうものをお借りすることができました。
さすがデザイナーがデザインしただけあって、通信時の動画とか、待ち受け画面とかにも凝ってて面白いです。
ボタンも大きくて電話もしやすい大きさだし、なかなかいいですわ。
まあ、修理が完了するまでの1週間のお付き合いなのですが、存分に楽しもうと思います。

もし、この記事を読んでいるお友達がいらっしゃったら、哀れな私に、連絡先を再び教えてはいただけないだろうか・・・。

これで、私のアドレス帳には、本当にお付き合いのある人だけが残るのだろうな。
パソコンだけじゃなく、携帯のバックアップも必要ですね~。
後の祭りだわな。
[PR]
by tagomaru | 2005-10-07 20:32 | 湘南生活

観光ガイドと冒険心

月曜日、前の会社の同期と久しぶりに会った。
会社を辞めて以来、10ヶ月ぶりである。
東京方面一人旅をしていて、友達の家を渡り歩いていたそうで、いかにも彼女らしい。

鎌倉観光案内をお願いされていたので、私オリジナル観光コースを案内した。
鎌倉に越してきてから、友達に鎌倉付近を案内したのは、確か5度目である。
うち一回は、メールで回り方を教えたのだが。
ここまでくると、ガイドするのもだいぶ慣れてきた。
コースは毎回、結構ハードである。
大概はランチと移動時間を抜いて全部歩きでお茶休憩ほとんど無しの7時間コースなので、
夕方になると、友も私も疲れきってしまうのが常だ。
江ノ電使っても、大抵混んでて座れないし。
鎌倉は、名所同士がちょっとずつ離れてたり、寺の境内も起伏に富んでいたりするので、
足腰の弱っている方や間違ってハイヒールで来ちゃった人には大変辛そうだ。

案内をしている途中、彼女とたくさん話をした。
積もる話とはこういうことか。
彼女も来年結婚が決まったそうだ。おめでたいことである!
これで、前の会社の話ではあるが、同期入社の女性陣は全員結婚である。
入社したときの苗字と今の苗字、みんな変わっちゃったなんてなんだか不思議だ。

彼女のすごいところは、やると決めたら一人でもやっちゃうところ。
彼女は、退職してから一人で1ヶ月、アメリカ1周したそうなのだ。
しかもすごく節約して飛行機代やら込みで30万程だそうで。
すごいよ!あっぱれです。
この旅行で、「思い残すことはない。今やりたいことは全部やり終えた。仕事もプライベートも。」
と実感し、結婚しようと思い立ったそうだ。

しばらく海外旅行していない私にとっては、もう、彼女の話で私の心にスイッチが入ってしまいました。
「日本を脱出したい。冒険したい。」
もう、それ以来、どこに行こうか頭が回転しっぱなしだ。
私が結婚しようと思ったときも、彼女と同じようにやりたいことはやって、気持ちに区切りが付いてたのだが、
今はまた、やりたいことができてきて、それができるのは今しかないのじゃないかと焦っているのだと思う。

私の座右の銘は「一期一会」だ。
色々な出会いはもちろんのこと、こういう、自分の中の決意というか、めぐってくるチャンスも
一期一会なのだと思ってる。
今、何もしないで通り過ぎたら、次に同じ気持ちになるのはいつになるかわからない。
もしかしたら、次はないかもしれない。
でも、きっと後悔の念だけは残るんだろうと思う。
そんなのは嫌なので、あきらめないで、頑張ってみようと思う。

一人でぼーっと考えてても実行しないかもしれないから、ここに書いておこうっていう魂胆です。
実行したという報告を、またここでできるように頑張ろう。

気力がある方へ~今回の鎌倉観光コース~
[PR]
by tagomaru | 2005-10-06 21:59 | 湘南生活

みなぞうとのお別れ

e0079751_18331992.jpg

昨日、水族館が閉館後の17時過ぎ、みんなの人気者だった
ミナミゾウアザラシのみなぞうが息を引き取りました。
11歳、人間で言えば30代の、まさに脂の乗った男盛りの時期でした。

確実なことは言えませんが、今日の館内の伝え聞きによりますと、
検死の結果、みなぞうの死因は「肺気腫」という病気だったそうです。
ずっと、我慢してたのかなあ・・・?

今日、仕事の休憩中にアザラシプールに行ってみました。
みなぞうは、いませんでした。
このプールって、こんなに広かった?
って思うくらい、がらんどうで寂しい感じ。

献花台があって、みなぞうファンからのお花がたくさん供えられていました。
本当に、たくさんの人を楽しませてくれたんだね。
そして、癒してきたんだね。
天国では、芸なんてしなくていいから、
大好物のお魚を食べて、ゆっくり休んで欲しいと思います。

ああ、この前、元気な姿を見たばっかりだったから、余計に悲しい・・・。
この写真はまだ元気だった9月30日のものです。
[PR]
by tagomaru | 2005-10-05 18:40 | 湘南生活