名古屋での生活をのんびりとレポート。転勤族は結構楽しい。


by tagomaru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ポンペイからローマに帰っていたあと、市内のトラットリアに適当に入って最後の晩餐!
イタリアは、本当にごはんが美味しいねー。
ハズレというものがない。
e0079751_0151484.jpg

せっかくなので、外で食べてみましたよ。
ウェイターさんの笑顔にやられました~。

食後、ホテルにいるのがもったいなくってバチカンのライトアップを見に行きましたよ。
昼間もいいけど、夜のバチカンも素敵です!
e0079751_0173876.jpg

e0079751_018462.jpg

日中は、やっぱりものすごく混みあっていてゆっくりできなかったんだけど、夜は混んでないしライトアップは綺麗だしで、いいものですね。
ローマ法王のお部屋もチェックしてきました。
電気がついてたのですが、あの部屋にいらっしゃったのだろうか。




うー、もう朝。帰国の朝。
イタリアにもっと長いこといたかった!
もっとチャオチャオ言ってたかったわ。

なーんて言っても仕方ないのであります。

今回、一緒のツアーに参加した女性が、偽札をつかまされていたことが判明したのはローマ空港でした。
人生初!偽札とご対面です!!
e0079751_022661.jpg

確か、上になってる方がニセモノだったはず。
サイドのキラキラが違うし、サインのようなものも全く違うんです。
ここまで違うのに気付かずに出回ってしまうものなのかー、とある意味感動。
偽札、せっかくなので記念にとっておくそうです。
ですよねー。おみくじで大凶をひいたようなものかも。ある意味ラッキーというか。

帰りは、イタリアに来る逆のルートをとり、ローマからドイツのフランクフルトに飛びました。
フランクフルトでは、またしても面白い日本語に出会えましたぜ。

e0079751_025515.jpg

何がおかしいのか!?
上と下の箱を、よーく見比べていただきたい。

e0079751_0262953.jpg

もうおわかりで!
もう、おしいんです、この漢字!
言いたいことはわかるんだけど、やっぱり違うの。
漢字テストで一生懸命に間違っているタイプですね。最後まであきらめないことはいいことです。


ということで、イタリアからもドイツからもおさらば、無事に日本に戻ってまいりました。
ああ、、、楽しすぎた。レポートするのは大変でした。
でもまた行きたい国ダントツナンバーワンです。

だってね、
●食べ物が美味しすぎ
●歴史的遺産ありすぎ
●男性がセクシーすぎ
●女性がおしゃれすぎ
●知らない人に声かけすぎ
●エスプレッソとカプチーノうますぎ
●チャオチャオ言い過ぎ
●マリオさん多すぎ
●巻き舌すごすぎ
●ナンパ用ブーケ売れすぎ
というような理由で、イタリアのとりこになってしまったんですもの。
次回は、個人旅行で行きたいなあ・・・。

蛇足ですが、今回の旅行で撮影した写真、780枚こえてました。
焼き増しとかしたら、1000枚近くいきました。
人生最大級に現像したな。

では、皆様も楽しいイタリア旅行を。
[PR]
by tagomaru | 2006-06-01 00:38 | うろう~ろ

GWの旅行

28日に旅立ちます。
結局行き先はイタリアになりました。
GWなので、ものすごく高かったのですが、「今回は仕方ないか」と妥協しました。
社会人ってつらいわ~。

で、必要書類が届いたのが昨日でした。
遅い。

夫婦とも海外旅行の経験があるからまだいいようなものの、これが二人とも初海外だったら、本気パニックだったと思います。
某旅行代理店の某支店の面々、そろいもそろって要領が悪くて何度も連絡取ったり足を運んだりしなくちゃいけなかったので、こうなることは薄々感づいてたんですけどね。
だから、いつもこっちから「これはどうなりますか、いつになりますか」って先回りして聞いてました。
次からは使わないことにしよう。

まあ、でも旅の準備は面倒くさい反面、楽しみでもあるので遠いヨーロッパに思いをはせてテンション上げていこうっと。
きっと食べ物は美味しいはず!
イタリア人は美男美女ぞろいのはず!
わくわく、わくわく。
[PR]
by tagomaru | 2006-04-26 12:40 | 名古屋生活

そうだ 京都 行こう。

桜の時期に京都に行こう、そう決めていたんです。
e0079751_183688.jpg

土曜日はきっと満開だろうと予想して、早起きする予定だったのに起きたのは10時過ぎ!
それでもめげずに行ってきました。
高校の修学旅行以来です。ひさしぶり!京都駅凄すぎ!

無計画だけどなんとかなるんじゃない?がモットーの私ら夫婦。
観光案内所で情報を集めてルートを決定♪

日中:南禅寺→哲学の道→銀閣寺
ライトアップ:円山公園→清水寺

迷子になったり乗ったバスが渋滞に巻き込まれたりしたけど、京都の満開の桜を拝むことができました。

e0079751_112979.jpg
南禅寺境内。人がたくさんいるのに、静かな佇まい。

e0079751_1131285.jpg
哲学の道、迫り来る桜。曇っていたのがちょっと惜しいけど、綺麗なことには変わりません。

e0079751_114290.jpg
途中で、こんなストリートミュージシャンを見つけました。ギターの弾き語りだけではないのですねえ。

e0079751_1145171.jpg
道端のコーンスープ屋さんの看板犬。夫が買ったコーンスープを欲しがっていたのだけど、ご主人に「駄目」って言われてしょげています。

e0079751_1155855.jpg
銀閣寺。人がうじゃうじゃで、順路は渋滞しておりました。
金閣寺よりもやっぱり好きだなあ~。地元の方は、「銀閣さん」って呼ぶんですね。

e0079751_1173185.jpg
円山公園の祇園しだれ桜。闇に浮かぶ姿は、妖艶で美しかったです。
周りはどんちゃん騒ぎなんですけどね~。私も一杯いただきました。

e0079751_11969.jpg
清水の舞台と夜桜、遠くの京都市街の夜景。
混雑でつぶされたりしながらも、幻想的な景色を見ることが出来て、感動しました。

e0079751_1204372.jpg
帰り際に通った池にも、ライトアップされた桜が映り込んで鏡みたい。


名古屋に転勤が決まって、ちょっとだけ気分が沈んでしまったことがあったのですが、「京都が近い!」と気付いて、元気を出したという過去があります。
東北出身の私にとって、京都はすごく遠い場所に感じていたので、名古屋からの近さがうれしかったりするんですよね。

今度は、紅葉の時期に行ってみたいと思います。
[PR]
by tagomaru | 2006-04-10 01:30 | うろう~ろ

海外旅行

今度のゴールデンウィークに、海外旅行を企てているところですが、状況がよろしくないです。

最初は、アメリカでグランドキャニオンなど見て、ラスベガスで遊んでみる?なーんて思っていたのですが、
旅行代理店に行って相談してみたら、
「今の時点で、飛行機はキャンセル待ちで、アメリカの国内線もキャンセル待ちです。
日本とアメリカの飛行機についてはなんとかできますが、アメリカ内での飛行機はちょっと・・・」
とのこと。
ガーン!
相談したのが1月だったのだけど、それでも行動が遅かったか!!!

代理店の人に、
「1ヶ月前になるとキャンセルが出たりするので、それまで待ってみてもいいと思いますが、
他にも候補を立てて押さえておいた方がいいですよ。
候補地が一箇所だけだと、最悪旅行自体ができないということもありえますから。」
というアドバイスをいただきました。

意気消沈して、次の候補地を探すことに。

ヨーロッパ方面はどうだろう?
ということで、前から興味があったイタリアのパンフをたくさんもらってきて、
自宅でじっくり読んでみました。
やっぱりすごく楽しそう!
ワクワク気分でカレンダーと料金表を確認すると・・・

一人40万!?
はあ!?

パンフレットの表紙には、すごく安いように書いてあったんだけど、
それは時期ハズレの料金だったようです。
期待しただけに衝撃は大きく、へこみまくりました。
やっぱり、時期が時期だけに、このくらいが普通なの?

どうしよう~。
でも、この機会を逃したら、長期で海外に行ける時期なんて限られてるし、
もうしばらくいけないかも!
と、あきらめきれません。

ネットで調べていくうちに、
個人で手配して自由旅行という手もあるなあと思い始めたのですが、
いけるかしら・・・
大学のときの卒業旅行は自由旅行だったけど、
準備とか結構大変だったから、あれをまたやるのかしらと考えただけで
すごく不安になります。
まあ、当時よりもかなり日程すくないからまだマシか?

こんな時期にしかいけないオトナの事情が悲しいです。
GWに自由旅行した方、いらっしゃったらお知恵を拝借したいです。
[PR]
by tagomaru | 2006-02-06 00:33 | つぶやき

富士急ハイランド

日曜日、富士急ハイランドに遊びに行ってきました。
鎌倉の自宅からだと、朝の5時台に起きないといけないので、
これまで行こう行こうと思っても寝坊を繰りかえし、やっと!行くことができました。
ほんと、3度目の正直なのです。

バスを予約するとき、「日曜日はとても混んでいます」という情報を仕入れたので、乗りたいアトラクションを前日のうちに絞り込んでおきました。

私たちの目的は。
●FUJIYAMA
●ドドンパ
●トンデミーナ

この三つです。これさえ乗れたら私は満足!

しょっぱなはFUJIYAMAに並びましたが、10時半時点ですでに120分待ち!!しかし、乗りたい!だから我慢しました。
並んでる間中、カタカタカタ・・・と登ってはゴオオオッ!「ギャーーーー!」という悲鳴を延々見聞きし、だんだんビビッてきた私。
手の平がだんだん汗ばんでしっとりしてしまいました。
最大傾斜65度、最高時速130km、ギネスブックに載ってる79mという高さ・・・!
ヤバイよヤバイよ~。
生きた心地がだんだんしなくなってきたところで、順番が!
もう、心臓バクバクです。スタッフが拍手とハイタッチで見送ってくれて、もう逃げられないと観念しました。

頂上に向かうとき、右手に「50m・・60m・・70m・・」と高さが表示されてまして、ドキドキ感をあおります。
でも、ここは富士山の近く。高くなるにつれ、雲に覆われつつも左手に雄大な富士山を拝むことができました。
「綺麗~・・」と思った瞬間、すごい勢いで急降下!!!

「・・・・・!!!!!!!」

怖すぎて声さえ出ませんでした。
TDLのスプラッシュマウンテンでびびってる私なので、もう耐えられるはずがなく。多分、白目になってたと思います。死ぬかと思った。
そのあと、結構長い時間アップダウンを繰り返してるうちに慣れてきて、
笑顔でしゃべる気力も生まれてきました。
e0079751_17525353.jpg

乗ってるときの写真(右が私、左が夫、前は知らん人)。超笑顔で写ってます。あの恐怖はなんだったのだろう。
終わった後は、すばらしくさっぱりしましたが、再チャレンジはしたくないかもっていう気分でした。

お次はトンデミーナ。こちらは30分待ち。ささっと乗れました。
並んでるときは、もしかしたらものすごく怖いのではないだろうかとドキドキしたけど、
乗ってみるとすっごく気持ちいい!
本当に空を飛んでるみたいです。きっと、アルプスの少女ハイジも、こんなふうにブランコで遊んでたのだなと勝手に想像してみました。
これは、2回乗っちゃいましたよ~。

そして・・まってましたのドドンパ。これもまた120分待ち。本当に混んでいます。
できた当初から気になってしょうがなかったアトラクションなので、
もうワクワクして小走りで並びに行きましたよ。
並んでるときに聞こえてくる「ド・ドン・パッ」っていう、ささやくような低音のリズムについ乗ってしまいます。
並んでるときにあった「ドドンパイ」のポスターです。
e0079751_1813296.jpg

突っ込むべき部分がたくさんありますが、以前からここの広告類はぶっとんでると聞いていたので、すごく楽しませていただきました。

このドドンパ、発車してすぐに最高時速の172km/hに達するということですが、この感覚、想像できないのでさっぱりわからなかったけど、想像をはるかに越えておりました。
ビデオの再生10倍速くらい、なおかつものすごいG!
UFOがやってきて、強制連行されるような気持ちになりましたです。
もう無理。抵抗できませ~ん。
しかし、不思議と爽快なもので、垂直上昇、垂直落下も思いのほか楽しく、バンザイしながら落下することに成功しました。
ちなみに、こちらはドドンパ解説の動画。速いです・・・
クリックすると動画見れます

どれもこれも、混んでるせいで長時間並びましたが、並んだことがチャラどころかお釣りが来るくらい楽しかったです!

ところどころにある、富士Q迷言集。
e0079751_188826.jpg

「舞浜にないものがここにはある」。
すっごくうなずいてしまった。私個人的には、富士急の方が好きかも。
アクセスがちょっとなーってところが残念だけど、それをも忘れさせるアトラクションの満足度の高さ。そして、面白さ。

e0079751_1810986.jpg

夕方、ライトアップされたツリー(あくまで飾りは富士急のマーク)を見つつ、家路に着きました。

よーし、絶対また遊びに来る!
まだ行ったことのない方、是非是非いってらして~。
[PR]
by tagomaru | 2005-11-01 17:31 | 湘南生活

初めてのラフティング

9月17日(土)、友達と5人でラフティングに行ってきました。
久しぶりのアウトドアーな遊びに心が躍ります。

場所は、秩父の長瀞。荒川の上流です。

鎌倉→電車→埼玉の友達と合流→車で現地へ
家を出てから、5時間くらいかかりました。同じ関東、近いと思っていても遠いものです。

BBQで思いっきりスタミナをつけて、いざ、川へ!

日中は暑くても、もう秋の風。
トンボが私らの上をすいすいと通り過ぎてます。

水はちょっと冷たくなってるけど、澄んでいて水量もちょうどいいらしい。
ボートの上で必要以上にはしゃいでしまいました。

e0079751_1663737.jpg

深くなっているところ(水深2~3m)で、ボートから川にダイブ!
飛び込んだので頭までびしょぬれ状態!でも爽快!!
ゆったりと流されるのって、本気できもちがいいものですね~。
流されながら眠れそうでした。
(写真は友達提供:右が私です)

絶景を眺めつつ、下流へと下ること1時間半。
途中の激流も穏やかな川面も、ボートのみんなと息を合わせてこいだことも、
本当に楽しかった!

インストラクターのお姉さんにもお世話になりました。

またやりたいなあ!
[PR]
by tagomaru | 2005-09-21 16:12 | 湘南生活