名古屋での生活をのんびりとレポート。転勤族は結構楽しい。


by tagomaru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

再会 in 関東

土曜日に、東京は渋谷にある本社に会議のために行ってきました。

東京に行くということで、東京・神奈川に住んでいる友達と会いたい!と思い、事前に連絡をして会う約束をしました。

渋谷では、高校時代の友達Kとお茶。
もしかして正月ぶり?
数年前とは、明らかに話の内容が変わってきてて、二人で「老けたもんだね!」と笑ったりしてた。
みんな変わるように、自分も変わっていくのかもなあ。

Kと別れて神奈川は藤沢に移動。
水族館仲間のUさんと一杯引っ掛けました。
Uさんも新しい仕事に慣れて頑張ってると聞き、私も頑張ろうって思った夜でした。

宿泊は平塚の怪しい宿へ・・・。
畳4畳の和室・風呂トイレ共同のすごいところに泊まってしまいました。
湘南は観光シーズンで、宿もなかなか取れないんですね。
昨年は住んでたから、そこまで気が回らなかったよ。

翌日、藤沢で同じく水族館仲間のIさんとNさんと待ち合わせ。江ノ島に渡りました。
そこで、おいしい「生しらす丼」を食べたよ!
e0079751_23593863.jpg

その後、稲村ヶ崎に江ノ電で行き、素敵なお店で休憩。
やっぱ、海はいいなあ。江ノ電は通勤ラッシュを思わせる激混みでしたが。

二人と別れた後、これまた高校時代の友達Tと待ち合わせ。
Tは多忙で盆と正月も帰省できない人なので、大抵地元以外で会うことが多いんですが、やはり最近も忙しいようです。
私は、彼女にノーベル賞を受賞してほしいので、応援しています。

新幹線で名古屋に向かうとき、すごく寂しい気持ちになりました。
ホームシックみたいな気分。

自宅に帰ったら、山形の親からサクランボが届いていました。
きゃっほー♪
さっきまで寂しかったのに、現金な自分です。
おいしくて無我夢中!
e0079751_0301954.jpg


サクランボといえば佐藤錦だべ。
佐藤さんが開発したから佐藤錦なんですよね。
私も何かすごいことしたら、名前つけられるかしら。
[PR]
by tagomaru | 2006-06-27 00:33 | うろう~ろ

イルカに初★タッチ

おととい、水族館にて、イルカと触れ合ってまいりました!
働いていたときからやってみたかったのが、やっと叶いましたよ~。
今回、実はお客として入館するのは初めてでして、チケットの買い方とかまごまごしてしまいました。

イルカと触れ合うのは、ハッピードルフィンというプログラム。
平日なので、チケットを買うことができました。

このたびお目にかかったのは、ベテランのバンドウイルカのスーちゃん。
説明を聞いて、彼女が27歳以上だというのがわかり、自分よりお姉さんなんだーと感激。
芸暦もだいぶ長くなってるのだろうな。
イルカって、長生きなのね。

さてさて、ふれあいタイムはこんな感じでしたー。

人×イルカ 友好条約成立
e0079751_1151389.jpg


ディープキス(!?)
e0079751_1155016.jpg


トレーナーのおねえさんが合図を教えてくれて、その合図をするとちゃんとやってくれるの!
すごい!私がしたら、もしかしてやってくれないんじゃないかとハラハラしてたので、嬉しかったです。
スーちゃんは、40種類以上の合図を覚えてるそうです。
は~、すごいですね~。イルカって、本当に頭がいいのですね。

何度も背中を触ったりして、その肌のツルツル加減にびっくりしました。
ヌルヌルかザラザラかと思っていたので感動しました。臭くないし!
途中、背中の穴から潮をブッハーと吹かれて、顔に直撃しましたよー。
トレーナーのおねえさんが、笑いながら

「イルカの吐息は納豆臭なので気をつけてくださいねっ」

とおっしゃってましたが、幸い、私は鼻が詰まっていたので被害を免れました。

引越し準備で気持ちがギスギスしていたので、かなり癒されました。
おすすめです。
もう、イルカにぞっこんLOVE!(死語)
[PR]
by tagomaru | 2005-11-26 01:26 | 湘南生活

観光案内最後のチャンス

金曜日・土曜日と、夫母&夫叔母が2人で遊びにきた。

前から、「2人がどんなところに住んでいるか行ってみたいなあ。観光地だし、観光もしてみたいなあ」と言ってたのだが、ようやく実現されたわけだ。
ほんと、引越し間際のラストチャンスだ。

横浜でショッピング&中華街での食事、鎌倉では寺めぐりと江ノ電などを楽しんでから、私たちの家にも案内した。
母のお気に入りは、江ノ電と横浜らしい。
「あんたたち、思ったよりも随分いいところに住んでたのねー。ここに私が住んでもいいくらいだわ」
なんてことを言われて、確かにいいところに住めたよな~なんて思ったり。
人生を楽しんでるような人をたくさん見かけるので、住む側としてもなんとなく居心地がいいのだ。

今回の旅行は、予定ではもっと早く来るはずだったのだが、夫側の祖父母がそれぞれ手術したり、怪我をして入院したりして、なかなか思うようにならなかったらしい。それで、来る日程がだんだん後ろにずれていってしまって、ようやくこの週末になった。
母も叔母も、日中フルタイムで働きながら夜は病院に通ったり泊まったりして看病してたので、精神的にも肉体的にも疲労はピーク。
この旅行で、いくらかでもリフレッシュされたのならいいが。

2人の仙台での話を聞くに付け、将来「親の看病・介護」っていうことも出てくるのだろうなと考えさせられた。
親たちは今50代だけど、これからどんどん老いてゆくわけで。
病気もするかもしれない。
今、地元を離れて全国点々とする身なので、多少は気がかりな事項だ。
そして、親が元気でこうやって仕事をしつつ旅行も楽しめるということは、いいことなんだなあと思う。
[PR]
by tagomaru | 2005-11-14 13:45 | 湘南生活

見納めです。

江ノ電の江ノ島駅には、かわいらしい小鳥さんがいます。
これは、前のブログHealth Killerの記事でも紹介済みでして、本当にかわいらしい小鳥さんたちです。
今は、こんな格好をしてますよ。
e0079751_20545465.jpg

e0079751_20561412.jpg

秋冬仕様で、すっごくあったかそうですね~。

この小鳥さんの服は、江ノ島駅売店のおばちゃんが作って着せているのですが、
おばちゃんと先日話をしたところ、
「今年一杯で私も定年でやめちゃうから、12月のクリスマスバージョンで終わりよー」
とのこと。
ええ!終わっちゃうの!?着せ替え、あと1回だけ!?

通勤時、いっつも見てきたこのかわいらしい小鳥さん、来年からは裸になっちゃうみたいなんです。
ああああっ、着せ替えのたびに楽しみにしてたのに寂しいっ。

この小鳥さんに癒されてきた人は、実は結構多いはず。
今年一杯なので、見たい人は早めに江ノ島駅にどうぞ~!

私は、クリスマスバージョン見れないので、どなたか教えてね。
さぞやかわいいのだろうなー。
[PR]
by tagomaru | 2005-11-06 21:04 | 湘南生活

お仕事おわり~

11月4日で、今のお仕事が終わりました。
この数ヶ月、本当に楽しくお仕事できてよかったー!
気持ちよくサラバ!です。

お客さんの写真を撮って、売る、という仕事でした。
単調な仕事に見える仕事でしたが、やってみると全く違いました。
毎日面白い発見があって、反省もあり、勉強もあり、試行錯誤もあり・・・。
天気によって、曜日によって、時間帯によって、混み具合とか客層とか偏りがあったりして、
すごく興味深かったです。

また、自分の撮った写真がいっぱい売れるのは本当にすごくうれしくて、
疲れても接客で嫌なことがあっても、全部リセットされるくらい。
出来栄えが購買に直結するっていう仕事は、向上心があおられて楽しいものですね。
逆に凹むこともありますが。

それにしても、人の写真を撮るのは難しい。
その人の一番素敵に見える表情を捉えることができたらって、毎回思うのですが、
カメラ向けられると緊張してしまう人も多いですし。
それを瞬時にほぐすのって、なかなかうまくいかない。
方法は色々考えたけど、確実にうまくいくっていうのは残念ながらわからずじまい。
撮影の技術だけがあっても良い写真って撮れないし、奥が深い仕事だなあ。なんちゃって~。

割と短い間でしたが、水族館という施設で働けたこと、やっぱりとってもラッキーだったって思います。
癒されつつ働くなんて、めったにできないって思ってるから。

それと、ここで働かなければ出会えなかったであろうたくさんの方々、本当にお世話になりました。
一緒に働いてくれた同僚のみなさん、どうもありがとうございました。
おかげさまで生き方はひとつじゃないって、なんだかすごく実感できました。
自分の中にあった「こうあるべき」みたいなものが崩れた気がする。

「お疲れ様」ってことで、昨日は晩酌いたしました~♪
[PR]
by tagomaru | 2005-11-05 23:54 | 湘南生活

富士山に冬が来た

e0079751_17164239.jpg

富士山に、雪が積もりました。
もう、冬がそこまできてるんですね。

これは、火曜日の富士山です。
晴れてても、もやがかかっていて見えることがほとんどないので、
朝からこんな綺麗な姿を見ることができてうれしくて撮りました。
遅刻寸前で急いでいたので、写真がちょっと斜めだw

冬になると、毎日のように見えると聞いたのですが、
今はまだその時期ではないのだろうな。

今日は、文化の日で休日でしたが、すごく混んでいて疲れました。
平日のお客様よりも、お休みのときのお客様の方が、
余裕が無いというか、急いでるというか、そんな感じです。
楽しそうな表情の人よりも険しい顔の人の方が多いのは少し不思議です。
混んでると、やっぱり人間ってのはストレスかかっちゃうのかな。
[PR]
by tagomaru | 2005-11-03 17:28 | 湘南生活

目に焼き付ける風景

e0079751_19161782.jpg

今日の夕暮れ。17時少し前。
今日は晴れてとても気持ちのいい一日だった。
仕事の方は小学校の団体のおかげで、いつもよりも疲れたけれど。

夫の転勤が決まった。
12月1日から名古屋勤務。
転勤族になるのは知っていたし、鎌倉に住むのも、多分長くはないだろうと覚悟はしていたけれど、思いのほか早くてびっくりしている。

ここには1年も住んでいないけれど、とっても気に入っている町だし、
仕事も楽しいし、仲良くしてくれる人もできた。
この町を離れるのはなんだか名残惜しい気持ちでいっぱいである。

転勤の話を聞かされてから、鎌倉や藤沢の風景を覚えておきたいなと強く思い始めた。
仕事が終わっても、なんだかもったいなくてすぐには帰りたくない。
水族館の中をぶらぶらしたり、海に出て夕日を眺めたり、帰り道のお店を注意深く観察してみたり。
仕事をしながら旅をしている、そんな気分になっているかも。
毎日が大事だなあ、って、こういうことがないと気がつかなくて、
今までの何気ない生活がとってももったいないことしたような気持ちになるのは
少し残念だ。

次の街は名古屋。
私にとっては本当に未知の世界。
噂に聞く名古屋は強烈で、果たしてなじめるのかしらとちょっと不安でもある。
でも、行ったことのないところに住めるなんて、楽しいことでもあるから、
ワクワクする気持ちももちろんある。
どんなところに住もうか、どんな仕事しようか、色々考えただけで楽しい。

まあ、今は引越しとその準備が死ぬほど面倒くさそうだと思ってげんなりしてるわけですが。
引っ越してから、開かずの段ボール箱ができるのは阻止したいところである。

名古屋出身の方や、お住まいの方、行った事がある方から、あれこれ情報お待ちしております。
[PR]
by tagomaru | 2005-10-20 19:32 | 湘南生活

アベシ!

今日、またしても海が綺麗でした。
仕事が終わった後、仕事仲間と
「海でキャッキャしたいね♪」ということで、海へ。

綺麗な海を見ながら肉まんをほおばっていたら、
左の頬を殴られたような衝撃が!

鳶でした!!

前も、昼食時に襲われたので警戒してたんだけど、
下を向いて食べた瞬間、やられました。
ったく、油断も隙もあったもんじゃない。
飛んでなかったから、今日は大丈夫と思ったんだけどなあ。

不幸中の幸いというか、顔がえぐれたとかいうこともなく
ミミズ腫れに血がにじむ程度の傷だったので、水族館で消毒をして、
最寄の医者に念のため行ってまいりました。

内科だったのに、丁寧に消毒してくれて、
破傷風の予防注射を打ってもらい、念のため抗生物質と塗り薬をもらいました。
親切なお医者さんでよかった~。

最近流行ってるエアガンで、鳶を打ち落としたい衝動に駆られますが、
たいしたことが無かったので許してやろう。

いやあ、でも、みなさんも本当に気をつけてくださいね。
見たところ飛んでなくても、どこかから虎視眈々と見てて急に襲ってきますので。
[PR]
by tagomaru | 2005-10-19 18:48 | 湘南生活

みなぞうとのお別れ

e0079751_18331992.jpg

昨日、水族館が閉館後の17時過ぎ、みんなの人気者だった
ミナミゾウアザラシのみなぞうが息を引き取りました。
11歳、人間で言えば30代の、まさに脂の乗った男盛りの時期でした。

確実なことは言えませんが、今日の館内の伝え聞きによりますと、
検死の結果、みなぞうの死因は「肺気腫」という病気だったそうです。
ずっと、我慢してたのかなあ・・・?

今日、仕事の休憩中にアザラシプールに行ってみました。
みなぞうは、いませんでした。
このプールって、こんなに広かった?
って思うくらい、がらんどうで寂しい感じ。

献花台があって、みなぞうファンからのお花がたくさん供えられていました。
本当に、たくさんの人を楽しませてくれたんだね。
そして、癒してきたんだね。
天国では、芸なんてしなくていいから、
大好物のお魚を食べて、ゆっくり休んで欲しいと思います。

ああ、この前、元気な姿を見たばっかりだったから、余計に悲しい・・・。
この写真はまだ元気だった9月30日のものです。
[PR]
by tagomaru | 2005-10-05 18:40 | 湘南生活

秋空の海

今日は、とっても気持ちの良い晴天でした。
いつもよりも海の青さが際立って綺麗だったので、ついつい、仕事の休憩中に浜辺に。

e0079751_19385998.jpg

天高く馬肥ゆる秋。
空を見上げながら、
「肥ゆるのは馬だけじゃないよな・・・」と心の中でつぶやいてみる。

e0079751_194018100.jpg

海の家の撤去作業もほぼ完了した浜辺。
今日は凪いでいたためか、サーフィンを楽しむ方は少なかったようです。
海風がとっても気持ちよく、散歩をする人が行き交います。

e0079751_19414155.jpg

ゆるやかな波が打ち寄せる波打ち際では、
波が引いていくとき、空が映ってまぶしかったです。

e0079751_19443736.jpg

なぞの言葉も発見。
「足がつるよ」っていう意味なのか、
「魚つるよ」っていう頑張ります宣言なのか。
どっちにしても、砂に書き出すほどのことでもないよなと思ったりしました。

今日のお昼は、休憩室じゃなくて浜辺に出て食べたのですが、
上空を旋回している鳶に狙われてしまいました。
口に運ぶその瞬間に、ものすごい速さで目の前を鳶がかすめていきました。
e0079751_19543133.jpg

おそろしい!
あの鋭い爪で小動物はあっという間に死んでしまうくらいなのだから、
ひっかかれたりしたら大変だ!と、
食料を一口ごとに足の下に隠して食事しました。
しつこく狙われてたけど、マトリックスばりの柔軟性で攻撃をかわしました。
しかし、鳶を撮影していたおじさんにその光景をカメラに収められてしまったよ。
今後は、浜辺で食べないようにしよう・・・。
[PR]
by tagomaru | 2005-09-29 19:49 | 湘南生活